FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バク転って久々にやると超怖い。


や、友達と遊んでいたときにやらされました。
遊んだ内容?あからさまに馬鹿だと分かります。


逃走中~友情破壊ゲーム それでも俺たち仲間だよ~


・・・・・・・・・。


言いたい。な ん じ ゃ こ り ゃ 。



これをやった私も馬鹿ですがこれをひらめいた友人R太くんが凄いです。
まぁ遊んだ相手がR太くん、K、N、H、A。女の子はSちゃん、T、かーくん。

ちなみに。最近の私のあだ名はりゅーやくん、番長、王子姫、ツッキーです(コイツラはこれ全ていってくるよ!いじめだね(笑)

とりあえず、鬼は3人。K、N、Tで司令塔がR太。その他逃げる犯罪者(
もちろんメールでやり取りですよ。範囲?むげーんだいなーゆーめのーあとn(ry
げふんげふん、隣のH町の広場を使ってました。
もちろん広場から出てもいいけれどね。


そしてKが私を真っ先に狙うので超逃げる。

K「ばんちょー捕まれよー!ついに殺人を犯してしまった学園のばんちょー」
月「テメェは変な設定を付け加えるなァァァァ!!!うぎゃぁぁぁあ!!!」

Kは早いです。柔道部の癖に……。なのにガリ長ってどういうこと?(
んで、Hが近くにいたのでそっちへ逃げ込む。ごめんH……

H「裏切り者ォォォ!!」
月「あっはっは、ざまぁみやがれw」
H「√3てぇぇぇぇぇん!!」
月「それは割り切れない素晴らしさと言う意味ですかw?」
H「誰かー!ハンターチェンジしてぇ!俺、コイツ狩る!ハントする!」
月「アディオースッ!」


喋りながら走っていたせいか喉が半端なく痛かったです。
んで隠れたりしてたら指令メール。Monstrを着信にしていたけど音が大きすぎて隠れてた場所がわかってしまった!

内容は

「オッス、皆走ってるねぇ。あっはっは、人がゴミのようだww では指令1!司令塔の方まで行き、ペンをとれ。そして左の右腕にバッテン描いてね☆ペンは一本しかないよ。今から2分以内に行え☆出来なかった人は強制終了だっちゃv」

月(イラッ)
……R太、てめこんちくしょぉぉぉぉ!!!

てな訳でバッテン描いてました。Sちゃんかーくん、Hも大丈夫だった。
だがバッテン書いた直後にかーくんが捕まったんですよねー。

月「かーくぅぅぅん!!?」
か「オレのことはかまわず早く逝けぇぇぇ!!(笑)」
月「Σ道連れにしようとしてるっ!かーくんのばっきゃろぉぉお!」
か「もちろん、道連れにしないと気がすみませんb」

逃げているうちにkの餌食になっていたサッカー部H。
気がつけばSちゃんと私だけになってました。

s「りゅーや王子姫!ごめん、負けないよ☆」
月「つーかその呼び方やめよう!?すんごい恥ずかしい!」


私はこのとき悪い子だった。Sの後ろから鬼が迫っているのを教えてあげなかったのだからw

この後私が逃げたのを確認したときにはすでに遅し、彼女はハンターに捕まったのだった……w


月「ハイ、お疲れさーん^^^^」
R「おーつ。さて、今回のMDAと言うわけではないが、今回余り活躍していない、またはなんだかなぁと言う人にメールを送りましょう!」

と言うわけで、私はRにメールを送る。しかし全員図ったな……!

全員からメールが私に届いた。そして何コイツ等。全員揃って√3点って……ちょ、まてよ

月「何これ、嫌がらせ?それとも割り切れない素晴らしさがあるってことですか?」
K「意味わかんねぇwってことで罰ゲームね」
月「何で!?」
S「ツッキー姫逃げるのー?」
月「おーい、その呼び方&罰ゲームやめようなw」
8人「「ばっつげーむ、ばっつげーむばっつげー(ry」」
月「分かった!何すんの?」
h「マックでシャカシャカチキンバニラ味くだs」
月「お前の頭のように命までお釈迦にさせるぞ」
n「ぺティグリーチャムをハンバーグにしてたb」
月「前にその動画見たよね。あからさま酷い味だったってかいてあったよね。」
t「川で流しそうm」
月「腹壊す。」
か「バク転!」


ってことでバク転してました。うーん、疲れた。

その後サッカーってちょ、まじおまやめwww

チームは

月代、K、H、かーくん。キーパーはかーくん

もう一方

N、A、T、Sちゃん、R太。キーパーはT

最初は私たちのチームから。
うん、サッカー部とだけあってHは強かったです。
だけどね、ボール強すぎて止めるとき痛かったよ。

最近思った。まだサッカーの感鈍ってないなぁ。。。

結果は私たちのチームが勝ちましたけどね。ボールを高く飛ばしすぎたのは秘密。

本当はドッジボールでもやる感じでしたが、R太が「番長は驚くほどノーコンだからやめておこう。」と言いやらなかったんですよね。
Σ何を言う!!


投げる力はないがノーコンは治っている!……ハズだ。

なわけで、やってみるとこうなった。



一回目

             R太     ○←ボール
               H 
                        N

               か           K

                 T         A

                    S  月


ちょいとナナめったケドへーきでしょう。しかし二回目


               ○←ボール
             ΣR太 
               H 
                        N

               か           K

                 T         A

                    S  月Σ(゜д゜:)


R太の所へといってしまいました。あれ?おかしいなぁと言うわけでノーコンは再復活。
でもバレーとかちゃんとやってると平気なんだけどなぁ……

まぁ、するとめんどくさいことにNの上着のボタンが取れてしまったというわけで縫ってあげました。
ハンカチと救急セットとハサミと裁縫セットは常に持ち歩いています!
とりあえずそっからまた新たにあだ名が追加されました。

オカン が 新たに 加わった !! ▼


そんなこんなで帰ったわけですよ。んで、母からサラダ作るからきゅうり切ってレタス洗っておいてというのを思い出し片付けました。
その後に兄2から僕ナツでホウボウとハリセンボンを釣れといわれて釣ったりとパシリにされたりしてました(

だが、兄2の虫の名前がかなり笑えるのだが。覚えている範囲で

・超科学先生

・ちょっぴりオセンチ

・海から来たチンピラ

・キングキンオニ



何これ……。む、姉が帰ってきました。
あ、ちゃんとお子さんも成長していますよ。おなかが若干大きくなってますしねー
現在ウーパールーパー状態(
久々更新リフカラー






























「――ん……」

眼を覚ますと、夕焼け空と重なるオレンジ色の大地に倒れていた。
カラカラになっている大地からしばらく起き上がれずにいた少女は、ふと周りを見渡した。
そこには一匹の白い兎がこちらを見ている。
どこにでもいそうなのだが、白く綺麗な毛並みと、普通なら赤や黒の瞳が翡翠色ということに気がつく。
ボーっと見ていると兎はこちらへと語りかけてきた。

『やぁ、気分はどう?えーっと……名前はなんだっけ?』
「き、北広……稜……。」
『ふぅん、面白いね。まぁ僕はこんな可愛いウサギさんだけど、君の願いを叶えてあげた者…じゃなくて兎だよ』

脳へと語りかけてくる兎はじっとこちらを見つめている。
綾は不思議とそれに怖がるでもなく、ただ答えるだけだった。

『あ、こんな姿で挨拶ごめんね。本当の姿は今兄さんに使われてるんだよ。次元を超えるのは時間を止めちゃうからね、兄さんに頑張ってもらってるんだ。』
「……ねぇ、ここはどこ?家に帰れるの?」
『おや?帰りたくないから僕がこっちの世界に送ったんだろう?今更何を言うんだよ。まぁ僕には関係ないや。じゃ、またどこかであえたらね。』

フッと兎はその場から煙のように消えてしまった。
残された稜には乾いた風が刃のように感じた。
一人残された稜は急に本当に独りになった感じがして耐え切れない何かが胸を突いた。

「どうしよう……」

自分のわがままが現実になった。


願っていたことなのに、本当になるとどうしていいのか分からない。


どうしてそんなことを考えたのだろう。


確かにあんな汚れた世界は嫌。


けれど、いきなりこんな場所に移動されて、独りにされるなんて考えてもいなかった。


「う……あ……うあぁぁぁぁ!!」

頬が涙を伝う。しかし、それは雫としてではなく、石として地面に零れ落ちた。
キラキラと小さな石が涙から生み出された。それは紛れもなく宝石。
なんという名前かはわからないが、淡い蒼で、水晶などよりも綺麗に輝いていた。
しかし、そんなこと気にしている場合ではない。自分の涙が石へ変わるとはなんということ。
とうとう自分はおかしくなったのかと思うと、震えだした。
訳も分からず、叫び、苦しみ、走り出した。

「なんなの……!?なんなのぉぉぉぉ!!!」


彼女の心のように、日は重く沈み、月には分厚い雲がかかった……。





>あとがき

うん、新キャラじゃないですよ。
ぶっちゃけ初期当時の名前にしたんです。南野の方は友達が勝手に書いただけって言うね。。。
なので初期当時の名前に急遽変更。だってこっちにしたかったんだもん(
ちなみに稜は「あや」と読みません。さぁ、どう読むかな(



では
スポンサーサイト

No title

月代さんのあだ名がカオスすぎて腹筋崩壊しましたwwwww
これらを考えた人の頭の中が見てみたいです。

どうでもいい事ですけど、私の昔のあだ名は色々ありました。
・名字の最初の漢字部分
・名字の2文字目の漢字部分+ーの神
・同じ名字の芸能人のあだ名
・同じ名字の女優の下の名前
・ポケモン
私のも、ある意味カオスでしたね(汗

裁縫セットは女の子の必需品なのに、またまたなんともカオスなあだ名を……
せめて「お姉様」にすれば……ゲフンゲフン、何でもありません(大汗

月代さんの甥っ子か姪っ子は、順調に成長中ですか。
それはなによりです。
そういえば私の姉の方は、そんな話が全然きませんな。
心配になってきました。
って、恋人いない私が心配するのもどうかと思いますが(汗

小説読みました。
ヒロインの名前が「北広綾」ですか。
綾が「あや」じゃないとすると、「りょう」か「りん」のどっちかですね。
これから彼女がどうなっていくか気になります。
執筆頑張ってくださいね。

では
2010/08/28 00:42 |サントアンヌ号 #wo2RytNMURL[ 編集 ]

No title

>サントアンヌ号様

頭の中なんて皆ぐちゃぐちゃに決まってる(テストから立ち直れー

取り合えず私のあだ名は悲惨になりますよ。あっはhh(
ちなみにヒナノちゃんのあだ名がAGOになってます(テメェがつけただろ

ぬ、そしたら私の一番上の兄もですよー。周りに華がないです

はい、そのどちらかかもしれませんし違うかもしれませんよ(
頑張ります!ありがとうございました!
2010/09/08 17:59 |月代 #-URL[ 編集 ]

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。